鎖骨ほぐしのやり方は簡単!肩こりに効果的な4つのポイント!

鎖骨ほぐし やり方 効果

こんにちは♪

札幌市厚別区ひばりが丘駅近くの整体「かいろはす」の中田です!

 

「肩が、ダル重っ!」

「肩が痛くて、腕が上がらない。これって五十肩?」

「首を横に振ると、首がボキボキ鳴る!ヤバくない?」

「首が痛くて、前や横に向けない…」

という、症状を感じたことはありませんか?

 

これって、体が硬いから?

それとも、運動不足だから?

いやいや、年だからしょうがないんじゃない…

と、あきらめてませんか?

 

このまま一生、肩こりに悩まされ続けるなんて、絶対に嫌ですよね。

この肩こりの辛さから解放されたい!

と思われている方がほとんどではないでしょうか!?

 

私も以前は仕事で残業が続くと、肩がこって手が上げずらかったり、首が曲げづらくなったり、痛くなることがありました。

マッサージでコリをほぐしてみようかな?と思われている人が多いと思いますが、

マッサージでは一時的効果なのでなかなか肩こりというのは良くならないです。

 

自宅でしかも自分で、肩こりを解消する方法はないのかなぁ?

という人もいると思いますので、今回は「鎖骨ほぐし」というセルフケアについてお伝えしていきます!

 

鎖骨の周りにある筋肉をほぐすことで、肩こりが解消するので、

これなら、家で一人で、できちゃいますよ♪

 

なので、今回は鎖骨ほぐしのやり方の詳細やどれくらいの効果があるのかもお伝えしていきますね!

この記事は、こんな人におススメです

  • 鎖骨ほぐしのやり方を知りたい人
  • 鎖骨ほぐしの効果を知りたい人

 

鎖骨ほぐしは肩こりに驚きの効果がある!?テレビで話題の肩こり解消法「鎖骨ほぐし」について

鎖骨ほぐし 肩こり効果

鎖骨ほぐしとは、その名称の通り、鎖骨付近の筋肉をほぐすことです。

鎖骨付近の筋肉をほぐすことで、肩こりを解消することができます。

 

鎖骨ほぐしは、最近テレビなどで取り上げられているので、ちょっとしたブームになっているんですよ♪

 

「鎖骨って胸の上のあたりの骨だから、肩こりに関係ないような気がするんだけど…」

と思われている人もいると思いますが、

なぜ、鎖骨ほぐしは肩こりに効果があるのでしょう?

 

それは、鎖骨は腕と繋がっているからです。

このため、鎖骨の周辺の筋肉が固くなると、その影響で腕も動きづらくなります。

腕が動きづらくなることで、肩の筋肉に常に負担がギュっとかかってしまい、循環が悪くなって肩こりを発症してしまうですね。

 

実際に、鎖骨を指で押して固定すると…

「あれっ?腕が上げづらい」

と、実感することができます。

これで、肩こりのポイントは鎖骨にある!ということがお分かりいただけたかと思います。

 

ちなみに鎖骨は、腕や首に繋がっているので、鎖骨をほぐすことで、肩こりだけでなく、首の痛みや、背中のハリも解消することができます。

鎖骨は、いろいろなところに影響しているのですごく重要な箇所なんですよ♪

 

肩こりの悩みや口コミ!鎖骨ほぐしで辛い肩こりを解消しよう!

肩こりの悩み

肩こりがひどくなると、首を動かすのがとっても辛い!

けど、仕事に行かなきゃいけない!家族のご飯を作らなきゃいけない!!子供を抱っこしたり、面倒を見なきゃいけない!!!

と、休んでられないですよね…(´;ω;`)

 

やっぱり、みんな、肩こりの辛さに悩んでいるんですね…。

 

私も昔はあなたと同じように、肩がつらくてどうしようか悩んでいる時がありました(~_~;)

自分でマッサージしてもなかなか良くならないし、原因もなんだかわからないんですよね…。

だからあなたの気持ちも痛いほどわかりますし、肩こりの悩みがつきないのも頷けます…。

 

では、鎖骨ほぐしは、本当に肩こり解消の効果があるんでしょうか?

ちょっと口コミを見てみましょう。

 

鎖骨ほぐしを実践している人は実際に効果を実感していますね!

肩こりが良くなったり肩の動きが良くなったりと、なかなかすごいセルフケアになっているみたいですね♪

 

「鎖骨ほぐし」のやり方!肩こりに効果的な5つのポイント!【揉む】のではなく【はがす】ことが大事!

鎖骨ほぐしのやり方

あー、この“コリ”なんとかしたいっ!

そんなあなたに、肩こり解消法「鎖骨ほぐし」をご紹介していきますね!

 

肩こりに効果的な4つのほぐすポイントと場所

まず、肩こりの原因となっている4つのポイントがあります。

鎖骨ほぐしの4つの場所
ここが、これからほぐす場所です。

  1. 鎖骨と繋がっている首の筋肉(胸鎖乳突筋
  2. 鎖骨と繋がっている肩の筋肉(僧帽筋上部繊維
  3. 鎖骨と胸の間の筋肉(大胸筋鎖骨部
  4. 鎖骨と腕の付け根の間の筋肉(三角筋前部繊維

 

この場所を、鏡を見ながら確認してください。

 

筋肉を「揉む」のではなく「はがす」

ほぐす場所を確認できましたら、その場所の筋肉を“揉む”…のではなく、

皮膚を、上下、左右に“引っ張る”のです。

引っ張るときのポイントは、つまんだ皮膚を、上に向かって引っ張るのではなく、斜め横に向かって引っ張ってください。

鎖骨ほぐし 斜め横に引っ張る

 

引っ張る強さは「痛キモ」

引っ張る強さはやや強めに引っ張ります。

引っ張ったときに、痛いけど気持ちいい、いわゆる「痛キモ」と感じる程度です。

ただし、皮膚が赤くなるようなら、力を弱めてください。

感覚としては、洋服にくっついたガムを取るような感じです。

 

ひっぱるのは1回5秒

引っ張る時間は1か所5秒程度で、先に挙げたほぐす場所、全体を引っ張ります。

全部の筋肉を引っ張るのに、だいたい3~5分くらいです。

 

回数は、朝1回、昼1回、夜1回が目安です。

食事の前に「鎖骨ほぐし」の習慣をつけるといいでしょう。

 

鎖骨ほぐしでの「鎖骨」という骨は肩と首に繋がっている5つの重要な筋肉が繋がっている

鎖骨に繋がっている5つの重要な筋肉

なぜ、鎖骨付近の筋肉を揉みほぐすことが、肩こりに効くのでしょう?

 

それは、鎖骨には多くの筋肉と接しているのです。

  1. 大胸筋前部繊維(鎖骨と胸の間の筋肉)
  2. 三角筋前部繊維(鎖骨と腕の付け根の間の筋肉)
  3. 僧帽筋上部繊維(鎖骨と繋がっている肩の筋肉)
  4. 胸鎖乳突筋(鎖骨と繋がっている首の筋肉)
  5. 鎖骨下筋(鎖骨の下に付いている筋肉)

 

筋肉の名前を聞いた事がない人には、あまりなじみがない名前ですが、ここで挙げた5つの筋肉は、どれも肩や首と繋がっている重要な筋肉なのです。

これらの重要な筋肉と繋がっているので、鎖骨の役割や影響は大きいんですねぇ。

 

鎖骨の役割の重要性について、吉田一也氏(医学博士、理学療法士他)は、テレビに出演し、

「肩こりは、揉まないで、鎖骨の皮膚をつまんで、ほぐすと効果的」

と説明しています。

 

また、川崎浩司氏(柔道整復師WCCA認定上級ウェブ解析士)は、

「鎖骨を調整すると、全身に変化が出る。犬や馬のような走行性が高い動物には鎖骨がない。

鎖骨がない動物は、ハグをするような動作ができないため、木登りなどができない。」

と、鎖骨の役割について説明しています。

 

電車のターミナル駅付近には線路にポイントがあって、電車の行き先に合うよう線路のポイントが動いて、電車の走る方向をスムーズに変えています。

同じように、上半身も鎖骨が肩や首の動きに対するポイントの役割を担っているのです。

まさしく、鎖骨が肩こりや首痛のポイントなんです。

 

鎖骨ほぐしを毎日行うと肩こり予防にもなりツライ不調も解決!

鎖骨ほぐしで肩こり予防

私もお客様の施術をすると、どうしても肩が張ってしまう感じもあるので、

私自身も肩のセルフケアとして鎖骨ほぐしをはじめました。

 

はじめの頃は、なかなか皮膚をうまくつまめないと思います(笑)

しかし、毎日、お風呂上りなどに鎖骨ほぐしを続けていたら、3日目くらいに上手く皮膚をつまめるようになりますよ♪

スムーズに鎖骨ほぐしができるようになれば、肩こりが解消され、肩の重みの辛さから解放されるので是非続けてみることをオススメします!

 

最近では、肩がこる前、つまり肩こり予防として、施術の後やご飯を食べた後、家のお風呂で毎日コツコツやってます(*^^)v

習慣付けちゃえば、なんてことのないことなのであなたも肩こりがあればコツコツやってみくださいね☆

 

肩こりが解消されるだけで…

  • パソコン作業での集中できる時間が延びる。
  • 猫背がちだったのに「姿勢がよくなった」と言われる。
  • 辛い肩こりから解放されて「表情が柔らかくなった」と言われる。
  • 肩こりがひどく休みの日は寝てばかりいたけど、今では朝から子供と公園に行けるようになって、子どもも喜ぶようになる。

 

と、鎖骨をほぐすだけで、こんなに多くの効果が得られると思いますので、肩こりに困っている人は鎖骨ほぐしはオススメです!

 

他にも猫背・肩こり首コリ・ガチガチの肩甲骨などに効くストレッチ方法なども紹介していますのでこちらも参考にしてみてください♪

猫背や巻き肩で悩んでいる方はこちら

猫背姿勢・巻き肩|厚別区で女性の猫背矯正なら整体かいろはす

2018.11.28

肩こり・首コリが気になる人はこちら

肩こり・首こり|札幌市厚別区で女性が支持するおすすめ整体かいろはす

2018.11.13

ガチガチの肩甲骨を改善するストレッチを知りたい人はこちら

肩甲骨はがし&ストレッチ│札幌市の整体かいろはす

2018.12.26

 

1日5分で効果がでる鎖骨ほぐしのやり方を覚えて肩こりとサヨナラしよう!

1日5分で効果がでる鎖骨ほぐしのやり方

今回は最近テレビで取り上げられていて話題を呼んでいる「鎖骨ほぐし」について詳しく解説させていただきました♪

 

これは、

「肩がダルい、重い、痛い」

「首がボキボキ鳴る、痛くて横に向けない」

といった、辛い肩こりや首痛で悩んでいる方に、家で簡単にできる、肩こり・首痛の解消法なのです。

 

鎖骨ほぐしとは、鎖骨付近の筋肉をほぐすこと。

その効果により、肩こりや首痛を解消することができるのです。

 

鎖骨と首や肩とは関係ない、と思う方もいるかもしれませんが、

実は、鎖骨は肩や首の筋肉と繋がっているんです♪

なので、鎖骨付近の筋肉をほぐすことで、首や肩の硬さも解消できちゃいます!

 

その、鎖骨ほぐしのやり方は、とっても簡単!

ほぐす場所はこちらの4か所です

  1. 首と鎖骨に繋がっているあたりの筋肉
  2. 肩と鎖骨がつながっている筋肉
  3. 胸の間と鎖骨が繋がっている筋肉
  4. 腕の付け根の間と鎖骨が繋がっている筋肉

 

 

  鎖骨ほぐしの手順は…

  1. この筋肉を“もみほぐす“のではなく、皮膚をつまみます。
  2. そして、体に対して斜め横に、左右、上下に引っ張ります。
  3. これを1回5秒程度行います。
  4. 1か所1回で、場所を変えながら、筋肉をほぐす4か所を全部を行います。
  5. 毎日、朝、昼、夜にやるのが効果的です。

これだけで、辛く、悩まされ続けた肩こりや首痛から解消される可能性もありますよ♪

道具も何も要らないので、いつでも、どこでも、鎖骨ほぐしができます!

 

鎖骨ほぐしを習慣づけすることで、肩こりからの解消だけでなく、忙しい時の肩こり予防もできます。

 

肩こりの悩みが解消すれば

  • 姿勢の改善
  • 表情が明るくなる
  • 休みの日も有効活用できる

 

など様々なメリットもあります♪

 

多くの人が、その効果を実感していますので、

肩こり・首コリなどお悩みがある時はぜひお試しくださいね!

 

もし、

鎖骨ほぐしでは効果がない…

肩こりがどうしても辛くて自分ではどうしようもできない…

肩こり以外にも腰の調子がわるい…

など、身体の不調などでお困りの方は当院に今すぐご相談ください。

★姿勢改善や膝痛・腰痛に効果的な『足指バランス調整メソッド』をLINE@登録者限定でプレゼント中★

【ご予約はこちらから】姿勢とカラダの不調をスッキリ改善☆

 

 

➤➤口コミを見たい方はこちら!当店の情報が詳しく載っています♪

 

【LINE@友だち登録はこちらから】お得な限定クーポン配信中!

 

【チャンネル登録よろしくお願いします】動画で健康情報を配信中!